マイルをためて野球を見に行く2019sfc修行記録

プラチナを目指す2019sfc修行記録。ANAマイルでMLBを見に行く目標のため。基本新千歳からです。

サンフランシスコ旅行1 ダウンタウンの治安とホテル~飯が合わぬがマーケットが多いそして家のない人も

やってきたーー!
サンフランシスコ国際空港です!!!

飛行機を降りて通路にでると
迷うことなさげでシンガポールやクアラルンプールのようにトレインもなく道なりに行くだけ


f:id:getright:20190506105115j:plain
UScitizenとそれ以外に別れて歩くと
すぐに入国審査です
新千歳でESTAでひっかかったので


ちょっとビビッて機械に並びます
去年ロサンゼルスでもやったkioskの機械があったので
それに入国税関書類に記載しているような内容を答えて指紋をスキャン

最後に顔写真のはいったレシートが出力されてきて
列を進むと通過する人が係員によって振り分けられていきます
すると少ない人数のところに並ばされた

調べてみるとAPCという機械で


f:id:getright:20190503220118p:plain
APC利用可能対象者

アメリカ自動入国審査端末APC対象者
以下の内容に該当する方がAPCキオスク端末で入国自動審査を受けることが可能です。

・米国市民、米国法定永住者、カナダ市民、ESTA(Visa Waiver Program)を利用する旅行者・・・等
ESTAを取得して2回目以降の入国



へええ
列もスムーズに進んで入国審査のカウンターの様子を見てみると、
なんか聞かれてる人大杉

ええええええ英語やべーよと思いながら私の番

パスポートとレシートを渡して
「みやまやね 何日いるの」
「3泊」
「どこいくの」
「宿泊するDホテルです」
「ここ?」
(えっサンフランシスコ市内ってこと?)「そうです」
「はいいいよ」

大変簡単な質問ばかりでよかった
税関の黄色い紙が回収されなくておろおろしたけど
kioskで承認されてるんだろうと楽観的に歩く

入国審査を過ぎるとすぐにバゲッジクレームで
プライオリティの荷物たちはすでに流れてきてて
係員さんがフォローして降ろしていました

荷物を引き上げてまっすぐ行くと
交通機関はこっち的な表示があったので右側へ


入国したあああああああ

静かな雰囲気の空港です
f:id:getright:20190505094244j:plain

では市内へゴー
交通網が発達してるため
BARTという電車一本でダウンタウンまで行けます

f:id:getright:20190506110044j:plain
今回はキャッシュを出来るだけ使わない目標
事前にクリッパーカードを入手していたので
自動機で読み込んでクレジットカードからチャージ
チャージも右側にタッチするところがある
デフォルトは20ドルチャージらしいので
プラスマイナスしていきます
これ切符を買おうとするとマジですごい難しいよ…

BARTに乗り込む

f:id:getright:20190506105556j:plain

路線図
f:id:getright:20190506105720j:plain

パウエル駅で降りると
天候も相まって綺麗な建物がたくさん
そして坂道がきつい
f:id:getright:20190506110018j:plain

ケーブルカー
f:id:getright:20190506110132j:plain

今回宿泊はユニオンスクエアそばのドナテロホテル
テルマンはみんなアットホームな感じで
かなり早くチェックインしたけど入れてくれたし
部屋にすぐ電話がきて部屋準備出来てた?と気配りしてもらったり
最上階のラウンジは昼間行ったけど飲み物が少なかった


バスタブのない部屋なのがちょっと悔やまれましたが電子レンジやミニキッチンがついてるので
ダイナーが周囲にたくさんあったけどアメリカンのご飯があわない私は(外で食べない)
近くのWelgreensや球場帰りにトレーダージョーズでお惣菜や乳製品を買い込み
f:id:getright:20190506111817j:plain
特にトレーダージョーズはサラダが美味しかった

サンフランシスコお土産はギラデリチョコがイチオシとおもうけど、
空港はもちろんどこにでも売ってたので荷物にならないタイミングで買うべきですね


サンフランシスコの治安は
今回特別怖い思いをしなかったけどホテルの人も
テンダーロインだけは行くなとのこと
バスで一瞬通ったけどヤバいものが落っこちてたのを目撃確かにヤバそうな雰囲気は感じました

あとは球場とホテルを夕方と深夜徒歩で
30分くらいかけて移動したりしたけど、
できるだけ外灯のある明るい通りを通るとか家のないライフスタイルの人
の言葉には耳を貸さないとか自衛はしました

深夜に徒歩帰りはまずいかなと思ったけど
なんかUBER呼ぶタイミングなくて…


f:id:getright:20190506113804j:plain
ユニオンスクエア(逆光)

f:id:getright:20190506113849j:plain
目の錯覚かと思うような坂道